ヒンズー教徒、ブルームバーグ、BCCL、ネットワーク18

0
28

2019年2月下旬にムンバイで開催された世界新聞協会(WAN-IFRA)カンファレンスでは、The Hinduグループの最高経営責任者であるRajiv Lochan氏は、同社の電子ペーパーの購読者数は100,000人であると述べました。世界中の加入者は、電子ペーパーにアクセスするために800〜1,900ルピー(11.5〜27ドル)の間で支払いをしました。控えめな計算では、合計で8兆ルピー(110万ドル)のデジタル収益が得られることが示唆されています。 Lochanは、ヒンズー教徒がこの戦略を静かに実装し、あまり注目を集めることなく、有料購読者はメディア企業の先進的なデジタル戦略の証拠であることを付け加えました。

出席者は注目を集めました。

オンラインでニュースを読むためにお金を払う10万人は小さな成果ではありません。今日の状況では、インドの英語のメディア企業は、10万人の有料デジタル加入者を擁護することはできません。これにより、数字が信じられるなら、ヒンドゥー教徒がリストのトップになり、そこに最初に到達します。

もちろん、ロチャンはそれに留まりませんでした。聴衆が彼のプレゼンテーションに夢中になっていることを知って、彼は魅力を明らかにしました。

  1. ヒンズー教徒には5,000人以上の購読者がおり、電子ペーパーの5年間の購読を選択しています。価格は4,000ルピー(57ドル)です。
  2. ヒンズー教徒には100万人の登録ユーザーがいます。
  3. 現在、デジタル収益は、FY18の総収益の約5%を占めています。 (ヒンドゥー教徒とその姉妹出版物を発行しているKasturi&Sonsの総収入は、18会計年度のRs 1,173クローレ(1億6,750万ドル)でした。また、下落しました。17会計年度のRs 50クロール(710万ドル)から、翌年にはわずか19クロール(270万ドル)になりました。)
  4. 「これらは信じられないほどの主張です」と、印刷と放送の両方のいくつかのメディア組織と相談した独立したメディアコンサルタントは言いました。彼は名前を付けないように要求した。 「私はいくつかの数字に懐疑的だろう。それは、インドのメディア企業が欧米の同業者とは違ってデジタルにあまり慣れていないという事実を考えると、それは良いスタートだと思います。特に米国では、日刊紙の流通が減少傾向にあることがしばらくの間明らかになっています。印刷広告からの収益についても同じです。そのため、彼らは積極的にデジタルに移行し、他の収益源またはリスクを探して、頼ることしかありませんでした。多くはすでに持っています。

コンサルタントは、このような緊急性はまだインドには当てはまらないと言います。 「広告収入は圧迫されていますが、新聞の流通は増え続けています。その意味で、パブリッシャーが代替の収入源としてサブスクライバーを見ていることは良い兆候です」と彼は付け加えます。

しかし、ツバメは夏には作れません。

過去12か月で、いくつかのメディア企業が加入者の求愛を開始しました。昨年初め、Network18のMoneycontrolは、ユーザー向けの広告なしのアプリ内プランを開始しました。ほぼ同時期に、インド最大のビジネス紙であるBennett Coleman&Company(BCCL)The Economic Timesは、ET Prime *と呼ばれる加入者専用のオンラインサービスを開始しました。 2019年1月、メディア起業家のRaghav BahlがプロモートしたBloombergQuintは、Bloomberg NewsとQuintillion Mediaのジョイントベンチャーであり、そのウェブサイトをペイウォールの背後に置きました。

追随するために設定された詳細な外観業界は、今年のどこかで、全国の日刊紙Hindustan TimesとBusiness Daily Mintの発行者であるHT Media Limitedも、加入者向けの広告なしのデジタル専用製品の発売を検討しているといううわさで賑わっています。

サブスクリプションが新しい黒人であると言うのは公平でしょう。流通が拡大しているにもかかわらず、インドのメディア事業は広告収入の減少に制約されています。それを補うために、過去10年間で、ほとんどすべてのメディア企業は特大のイベント事業でヘッジしていました。その簡単なトリックポニーは、そのコースを実行しました。ネットワークイベントは、ニュースオペレーションの実行ではなく、スポンサーのパレードに適しています。だから、読者がコンテンツにお金を払うというアイデアを実験しているのは公平だ。