壮大な野望

    0
    598

    インドでは、Envirofitがシェル基金の呼吸空間のパートナーになった後、2007年に営業を開始しました。彼らはインドの村の小売店にストーブを入れました。彼らは売れませんでした。結局のところ、調理用コンロは「プッシュ」製品です。

    女性は、なぜチュルハを取り替える必要があるのか​​理解できませんでした。健康の改善は魅力的な販売提案ではありません。もしそうなら、誰もジャンクフードを食べません。女性もEnvirofitブランドを知りませんでした。そして、彼らは家庭の財布のひもを制御しなかったので、キッチンの問題をあまり気にしない男性も納得しなければなりませんでした。

    4か月で、Envirofitはテレビとラジオの広告に4兆ルピー(540,796ドル)を費やしました。ロードショー、ビルボード、デモエージェントがすべて使用されました。結果? Shell Foundationのレポートによると、2008年末までに20,000台が販売されました。

    次は何?

    それはバンプでしたが、会社はこのレートでお金を燃やすことができませんでした。それは、従業員にすぐに消費者がいる工場や協同組合への販売に転じ、より大きな成功を収めました。 Envirofitは現在、woodストーブの健康上の利点については主張していません。研究がまだ継続しているためです。 、Envirofitのコミュニケーションディレクター。

    それでも、Envirofit Indiaは、Paper.vcの記録と同社によると、2017年まで毎年損失を被っていました。

    幸いなことに、この会社には深い懐疑的なメンターがいました。財団のコミュニケーションマネージャーであるゲイリーアーモンドによると、シェル財団は同社に2,600万ドルを投資しました。 2018年のShell Foundationのレポートによると、同社は少なくとも4,920万ドルの投資を集めています。シェルは、Envirofitがカーボンクレジットを販売し、助成金、賞金、市場レートのリターンを期待しない投資家(「患者資本」)の形で補助金を確保することも支援しています。

    Envirofitは有力な投資候補であり、成長とインパクト志向の投資家を引き付けています。

    2012年、Envirofitはメリーランド州に本拠を置くCalvert Social Investment Foundation Incから300万ドルの借金を調達しました。これは、シェル財団とBarr財団による7年間の150万ドルの金融保証によって引き受けられました。 シェル財団のアーモンドは、この保証は「商業モデルをさらに成熟させ、Envirofitの信用力を高めるために債務を解き放つ」ことを意図していた。

    同じ年に、Envirofitは、シェル文書によって促進された取引で、スウェーデンのエネルギー庁に200万ドルのカーボンクレジットを売却したと、財務書類によると。

    Envirofitは、調理用コンロ部門におけるシェル財団の唯一の受益者ではありません。 2016年、シェルはCalvert Foundationに200万ドルの融資保証を提供しました。カルバートは、カーデコBVに200万ドルを提供しました。 Cardechoは、BIX Capitalによってセットアップされた金融手段であり、Shell Foundation、Cardano Development、およびGoodwill Advisoryが調理用コンロのベンチャーに資金を提供するためのコラボレーションです。はい、シェル財団は独自のイニシアチブへの資金提供を引き受けました。

    ローン保証により、BIXキャピタルは国際金融公社、オランダ開発銀行などのような他の投資家から資金を調達することができた、とシェル財団のアーモンドは述べた。 BIXからの資金は、BioLite、The Paradigm Project、C-Quest Capitalなどのアメリカの先進的な調理用コンロに流れ込みました。

    シェル財団がお金をさまざまなポケットに入れて、コンロ部門に足があり、企業が負債と投資をすべて自分で調達できるように見せかけるようなものです。

    Shell Foundationはこの評価に同意しません。 「シェル財団のアプローチは、障壁と市場ベースのソリューションを特定することにより、エネルギーへのアクセスを支援するエコシステムを作成することです」とアーモンドは述べています。 「そのため、よりクリーンな調理空間のブロッカーに対処し、セクターの成長を支援する複数のパートナーと連携しています。」

    これにより

    それでは、単にお金を配ってみませんか?調理用コンロの空間で一般的な教義は、お金を稼ぐと同時に良いことをすることができるからです。これにより、投資家がいつかお金を取り戻すという期待が保たれます。

    「Envirofitは何度も資金調達に成功しているため、株式投資を完全に回収する予定です」とシェル財団のアーモンドは述べました。

    一部の専門家は、Envirofitのようなアメリカ企業が慈善団体から不釣り合いに利益を得ていると言います。実際、このセクターを支援するためにGACCが作成した7つの基金の多くは、米国発の企業に寄付されています。

    たとえば、GACCの運転資金基金を考えてみましょう。 2015年に設立され、信用価値のある企業に最大500,000ドルの融資を提供することでした。 Envirofitとニューヨークに拠点を置く新興企業BioLiteの2社のみが、信用に値するものであることが判明しました。 ファンドマネージャーは2017年に閉鎖しました。ファンドマネージャーは、調理用コンロ市場が急速に成長すると予想していました。