SmartOwnerと平野に隠れる技術

0
234

プラットフォームの片側は壁に背を向けており、もう片側は肉のポンドを望んでいます。片方はお金に必死で、もう片方は利益に貪欲です。片方は簡単なビジネスモデルの死をruし、もう片方は市場をリードする資産クラスを切望しています。

周囲は不動産の暗い沼地です。

真ん中にあるのはSmartOwnerです。SmartOwnerはスマートによって実行され、秘密に包まれています。そして、法的構造をビジネスモデルに後付けするために後方に働きます。

それが本当に何であるかを確信を持って言うことはできません。クラウドファンディングプラットフォームですか?おそらく。部分所有プラットフォームですか?多分。不動産ブローカーですか?あなたはそれを言うことができます。それは投資プラットフォームですか?間違いなく。

SmartOwnerの共同創立者兼会長であるVikram Chariに質問が投げかけられました。「あなたは自分をブローカーまたは金融業者と見ていますか?」

両方とも少し、彼は言います。

チャリは米国の不動産への投資を試みた後、友人からナッジされてインドに移りました。そして、ほとんどの帰国者と同様に、彼は不動産用語で「ローンチ前」と呼ばれる初期段階の不動産プロジェクトに投資し始めました。不動産投機家の領域では、開発者が購入者にユニットを販売する前に、発売前の不動産を売買します。開発者がユニットの最終購入者を見つけると、Chariは会社の株式と投資に対してブロックされたユニットを売却することで顧客にお金を稼ぎました。

「事実上、最高の取引を得るためにAIF(代替投資基金)を設定しているのは不動産ブローカーです」と、法律事務所Khaitan&CoのパートナーであるVivek Mimani氏は言います。

ケンがレビューした会社の進捗報告書によると、SmartOwnerが資金提供した18件のプロジェクトのうち、2012年以降、年率20-31%の投資利益率を達成しています。いくつかのトップ公開企業の。

「これらの人たちはすでに何かをしているようです、そして今、彼らはこれを行うための合法的なルートをまとめようとしています」と、Roshan D’SilvaのホリデーホームレンタルポータルTripvillasの創設者兼CEO独自のプライベートエクイティファンド、すなわちAIF。

おそらく、SmartOwnerが何をするのかを正確に理解する時が来たのでしょう。

臭いの機会

2000年代のインドの不動産ブームは、不動産を商品に変えました。政府が新しい一連のかなり厳しい法律でセクターを改革する前は、住宅不動産開発はほとんど不透明であり、新しいプロジェクトを「立ち上げ」、バイヤーからお金を集め、その一部を使用して彼らの建設を開始する簡単なモデルに基づいていました約束し、他のプロジェクトに多く流用しました。

しかし、顧客は最終的に賢明になりました。その結果、開発者と見込み客は鶏と卵のゲームに巻き込まれていることが多く、一方はアパートを予約して前払い金を支払うのを待ち、もう一方は価格がさらに下がるのを待っていました。

SmartOwnerが2012年に立ち上げたのは、この下降スパイラルです。

2016年までに、新しい不動産オムニバス法である不動産規制開発法(RERA)により、デベロッパーが住宅購入者から得たお金をどのように使用できるかについて多くの条件が設けられました。これにより、不動産会社にとって安価な資本を見つけることがさらに困難になりました。それでも銀行からいくらかのクレジットを引き出すことができる人はそうします。 BlackstoneやGICなどの機関投資家を求める人もいますが、これらの投資家は通常、商業用および住宅用不動産の多様なポートフォリオを持つ大規模な開発者に投資しようとしています。

SmartOwnerはこの苦痛を発見し、それを機会としてパッケージ化しました。彼らは、現金を切望している不動産開発業者と提携しましたが、公の場で価格を下げたくないので、投資家にプライベートで割引料金を提供し始めました。

彼らのウェブサイトには、あなたが投資できる多くのプロパティがリストされていますが、識別可能な場所、ブランド、または詳細を持っているものはほとんどありません。開発者は本物のバイヤーだけを望んでいる、とチャリは言います。そのため、強い関心を示した投資家のみが、プロジェクトの詳細を個人的に知ることができます。

言い換えれば、秘密は本物の顧客を識別するためのフィルターです。

関連企業のネットワークを通じて、投資家から資金を受け取り、それを不動産プロジェクトの資金調達に使用します。 SmartOwnerは、投資額に対して6%のサービス料を支払います。

ほとんどの投資家は、不動産を所有するためではなく、投資に対する迅速な利益を求めているだけであるため、開発者または他の最終購入者のいずれかに、基礎となる不動産が再販されます。

ケンがアクセスした顧客とのコミュニケーションは、ケースで24%もの高い年間収益を予測していることを示しました。

SmartOwnerの子会社であるRealmartは、SmartOwnerのクライアントから資金提供されたユニットの販売を仲介し、場合によっては開発者と提携します。 見返りに、Realmartはマーケティング料金を獲得します。

主な会社であるSmartOwner Servicesは、トフラーから入手した最新の財務データによると、2016-17年にほぼ3900ルピー(5.48百万ドル)の収入で1.2ルピー(168,522ドル)の純利益を獲得しました。