収束がここにあり、DTHオペレーターは熱気を感じています

0
20

NoidaベースのDish TVはDish TVのようには見えなくなりました。

Dish TVは、インド初のプライベートダイレクトツーホーム(DTH)オペレーターであり、最初のDTH提案が浮上(および却下)されてから約7年後の2003年に開始されました。アイデアはシンプルでした。衛星を介して加入者により良い品質、より良い価格、より良いテレビサービスを提供し、地元のケーブルオペレーターを完全にバイパスしました。そして同社はそれをうまくやった。2018年9月に終了した四半期には2300万人以上の加入者、1,594ルピー(2億2600万ドル)の収益と19.7ルピー(270万ドル)の利益があった。

しかし、状況は変化しています。 Dish TVの単なる衛星以上のものになりました。次の3か月間の会社の計画は次のとおりです。いくつかのライブTVチャンネル、キャッチアップテレビ、オリジナルプログラミングを備えた新しいビデオストリーミングサービス。通常のセットトップボックスをスマートテレビに変換するスマートスティック。衛星テレビに加えてオンラインコンテンツにもアクセスできます。前述のデバイスなしでオンラインとオフラインのコンテンツを切り替えることができるAndroidセットトップボックス。ブロードバンドと衛星およびオンラインコンテンツアクセスを提供するメカニズム。要するに、たくさん。

変更の必要性

ほぼすべての大手DTH企業が同様のルートを進んでいます。少なくとも過去5年間、世界的な技術的現象であったものが、ついにインドに来ました。これは、電気通信とメディアの間の境界線をますます曖昧にしつつあります。また、DTHプロバイダーは、関連性を維持するためにこの最前線にいることを望んでいます。

DTH企業にとっては理にかなっています。都市部の消費者がますますビデオストリーミングプラットフォームに切り替えているため、プレッシャーは大きくなっています。設備投資は高く、ユーザーあたりの平均収益(ARPU)は横ばいで、貸借対照表は借金を抱えています。そのため、過去24か月間に、Dish TVとVideocon d2hの2大企業が合併し、インド最大のDTH会社、Airtel Digital TVによる部分的なステーク、およびReliance CommunicationsがDTH部門をオフロードしました。 「DTHはゲームをアップする必要があります。企業は、他のテクノロジーが登場して古風なものになりつつあるのを待つことはできません。ムンバイに本拠を置くメディアエグゼクティブは、サバイバルゲームです。

しかし、それは簡単ではないかもしれません。 Reliance Jioが高速有線ブロードバンドの提案であるJio GigafiberでTVチャンネルの配信スペースに入ると、競争は激化します。 10月の初めに、リライアンスインダストリーズは2つのケーブルブロードバンド企業、デンネットワークスとハスウェイの過半数の株式を取得し、Gigafiberのストーリーを開始しました。 Jioの電気通信の歴史からすると、現在の価格提案は見直されます。

スープに

DTHは、存続する限り問題に悩まされてきましたが、最大の問題は規制上の課題です。これのサンプル:2001年に制定されたDTHライセンスガイドラインには、ライセンスの更新に関する規定がありませんでした。まだありません。 10年間のライセンスの有効期限が2013年に開始されて以来、インドの5つの民間DTH企業はすべて暫定ライセンスで稼働しています。

業界は何度も政府に勧告を行い、ガイドラインを改訂し、DTH企業が支払わなければならないライセンス料を引き下げました。最新の取り組みは、Dish TV Indiaの会長兼マネージングディレクターであるJawahar GoelによるインドのTelecom Regulatory Authority(Trai)への手紙です。 Goelは規制当局に税金と費用の合理化を要求しました。

現在のDTHライセンスガイドラインによると、企業は総収益の10%に相当する年会費を支払う必要があります(監査済みアカウントに反映)。 「DTHは、HITS(ヘッドエンドインザスカイ)オペレーターまたはブロードキャスターが使用するのと同じリソース、つまり衛星容量を使用しますが、他の同様に配置されたプラットフォームを除き、DTHオペレーターのみがライセンス料を請求されます」ゴエルの手紙を読んでください。

2014年にDTHに関する問題に関してTraiが提出した一連の推奨事項では、総収入にはサービス税と接待も含まれるため、年金を調整総収入(AGR)の8%に削減するなど、規制当局でさえ提案していました政府に支払われる税金。ただし、これらの要求はこれまで無視されてきました。

情報放送省はこれを考慮に入れており、数か月以内に新しい政策を考案する計画を立てているが、政府は重要な勧告に固執しないようだ、と複数の業界幹部は知っている。